ファンクラブ研究員による電気的音楽考察

「Shout it loud」試聴モニターレポート公開

3月に行われた「Shout it loud」試聴モニターへの御応募ありがとうございました!
メンバーによる選考の結果、ニックネーム

□ こばピーさん
□ ゆりこさん

の2名が入賞となりました!

お二人には7月13日に行われるクラブクアトロライブのバックステージにご招待致します!その模様は後日SSWにてお伝えしますのでお楽しみに!

それでは、「Shout it loud」に寄せて頂いた上位二名の方のレポートです。



 僕は「夜明け」が大好きである。

徹夜で課題レポートを仕上げていて、気が付くと鳥のさえずりとともに空が明るく白んでいる、こんな状況が大好きである。この冬に北海道を旅行したのだが,早起きして氷点下6度の雪の坂道を駆け下って海岸から見た,流氷のオホーツク海から上る日の出は一生の思い出である。
そしてついこの間,新たに一生の記憶に残る夜明けを見ることができた。

 このサンプルCDが僕の部屋に届いたころ,大学は新学期が始まった。研究室の先輩から歓迎飲み会にさそわれ、それの2次会が終わって研究室の学生部屋に引き上げていくとき、ちょうど夜が明けるところだった。2次会に最後まで残った他のメンバーはさっさと部屋に入って沈没していったが、僕は夜明けマニア心をくすぐられ、非常階段で建物の最上階へ向かった。
ところが確かに夜明けは近かったが、まだ30分くらい余裕があったのだ。この30分はとても幸せだった。妙に頭がさえ、いろいろなことを考えた。酒が残っていた所為もあるのだが。

この少し前に僕の部屋に新曲のCDが届いていた。この曲を一言で表せば、ありきたりで申し訳ないが「夜明け」だなと30分の自由思考で考えた。目の前に広がる朝焼け、世界の大都会東京の夜明けを高いところから見下ろすというシチュエーション。まるでこの歌の歌詞のようだ!
酔いに任せた自由思考は続く。この飲み会は僕らが歓迎される歓迎会だった。この春に卒研生として研究室に配属されたのだ。これは実は自分の進む道,自分の未来を決定する重要なものだった。これから始まる研究生活は今までの学生生活とは違った充実したものにしなくてはならないのだ。気持ちを入れ替えてがんばると、この空に誓おう・・・。

その時僕の頭の中にはもうShout it loudしか流れていなかった。この歌は「旅立ち」の歌だ。今の気分に妙にしっくり来る、いや、ゾクっと染み入る歌だと思った。僕はこれから自分の夢を追う旅に出る。この歌は僕の「旅立ち」を祝福して励ましてくれている!

気が付けば太陽が顔を出すところだった。こんなにきれいだと思った夜明けは生まれて初めて見た。そしてこんな満ち足りた気分も生まれて初めてである。
そろそろ無節操な迷走思考を止めて我に返ろう。そして新しい生活を充実させよう。この空に誓ったことを忘れるなよ。

 すばらしい歌を作ったSEメンバーと、この歌を試聴できる機会を用意してくれた関係者の皆さん、ありがとう。この歌にとても良い瞬間に出会えたことを感謝したい。

SSWニックネーム: こばピー




春の嵐が吹き荒れた日
私は不安に押しつぶされそうになっていました
思い描いていた未来とは、全く違う未来へ向かっていこうとしている現実に
このまま、私の未来はどこへ向かってしまうのだろう?
夢は消えてしまうのではないのか?
そんな不安を抱えながら高速道路を走る、私の車の中で流れつづけていた曲
それは、前日に届いたばかりの「Shout it loud」でした
車で時速何百キロというスピードで、サーキットを走り去っていく感じではない
アスファルトを蹴りながら、全力で街の中を走りぬけていくような曲
止まることなく走りつづける「君」
何度も繰り返される「Shout it loud」

それは、不安に押しつぶされそうになっていた
現実から逃げ出したい気持ちでいっぱいだった私の目を覚ましてくれた
そう「魔法の言葉」でした

これから辛い事や泣きたくなる時があるかもしれない
そして、立ち止まってしまうかもしれない
でも、そんな時はこの曲を思い出して、また私は走り出す
まだ未来は変えることが出来るから
私の夢を叫べるのは私だけなのだから

SSWニックネーム: ゆりこ

[ Back to Where you were ]