スクーデリアによる電気的音楽考察

第一話 歴史的音楽遺産への想い

text:石田ショーキチ

ビートルズのイエローサブマリンソングトラックが出て久しい。ご存じの通り、これは映画イエローサブマリンをサラウンド化して再編集するのに伴い、劇中使用された楽曲をリミックスして収録したサウンドトラックアルバムである。過去の音源と比べてはるかに音が良く、曲によってはまるで最近のバンドの作品のようにすら聞こえるほど鮮やかな作品もある。最初の頃は僕も大層よろこんで聞いたものだったが、最近ではなんだか妙な気分で聞くようになってしまった。

というのは、やはりこれはいくら加工し直したところで60年代の作品群であり、しかもそれらは当時としては何恥じることなき素晴らしさを誇った作品群であって、現代風の音に直すということは即ち過去を否定してしまうような気がしてきたのだ。

子供の頃、NOWHERE MANを始めて聞いたのはモノラルバージョンであった。なんと素晴らしいメロディ、素晴らしいコーラスワークだと子供ながらに大層感動した。テレビアニメのザ・ビートルズで絵がついて流れた時、リンゴの寂しそうな姿がより曲のイメージを膨らめ、大好きになった。小遣いをはたいて買ったアルバムをヘッドフォンで鳴らし、初めてステレオバージョンを聞いた。衝撃だった。まず歌が右から鳴った。そのあとバンドの演奏が左から鳴った。ハイハットの音があまりに瑞々しくチチチと左から響いて、あたかも部屋のどこかで叩いているのではないかと疑うほどだった。ギターソロは右から出てきた。ボックスアンプ特有の金属のギャリっとした音で弦をひっかくのが手にとるようにわかった。演奏が左右に別れているということ自体、大層驚き、すばらしく感動した。70年代後半の事であった。

昔はオーディオ機器のことを「ステレオ」と呼んだほど、ステレオ方式の再生装置は世の中に驚きを持って迎えられ、一気にステイタスを確立した。それ以前のモノラル再生とはまったく違う音像の再現、聴感上の心地好さ。世のレコードはここぞとばかり各演奏パートを左右に振ってステレオ録音であることをアピールした。ビートルズも例にもれず、こうしたミックスダウンもなされた。しかし、何ゆえステレオバージョンとモノラルバージョンが存在したのか。答えは二つある。

それはステレオ装置の普及の問題と、ラジオのオンエア上の問題である。当時まだステレオといえばでかい家具のような様相をした高級品であり、どの家にもかならずあるというわけではなく、まだまだモノラルの卓上プレイヤーが主流であった。ラジオもまたモノラル放送であったため、当時は二つのバージョンが必要であり、そしてモノラルのほうが依然主流であった。余談だが、1982年、結成20周年の東芝EMIのキャンペーンで限定発売されたカラーレコードシリーズのアルバム10作はこの当時を再現し、モノラル盤として発売されている。

考えてみれば、4トラックしかないテープレコーダーを使って録音されているのである。そのたった4つしかないトラックをステレオに分けてミックスダウンするのだから、どうしても極端な定位にしないとモノラルとの差別化がつけにくい。いうなれば、当時のステレオ音源は60年代としてしかるべき時代背景により作られた音像であり、音楽的にもいわばアレンジの一つだとすら僕は考える。

そんな時代背景をもってして生まれたレコードに現代風の音像を与えて作り替える。いったいどういう意味があると言えばいいのだろう。確かに今の作品かと思うほどに音の粒立ちがはっきりして、パンチも出た。でも間違っても今の作品ではないのである。各パートが自然に定位しボーカルも真ん中に来て聞きやすくなった。いったいそれがどうだというのだ、左右に別れていることは悪なのか。イエローサブマリンの間奏の台詞がはっきり聞き取れるようになった。聞き取れなくて当然、効果音なのだからそれでよしとされて完成していたんじゃないのか。

なぜ、過去に完成した形があるものをなぜわざわざ新たな形に作り直さなければいけないのか。すべては必然であり、そうなるべくして作られた作品だったはずなのに。歴史にifはご法度である。「たら」「れば」を持ちだしたところで音楽の本質が変わるわけではなく、歴史的音楽遺産に手を加えることは歴史的建造物を現代的解釈で作り変えるのと同じことと思えてならない。少なくとも、僕を含めてこれまでの音に多くの思い入れを持つビートルズチルドレン達の思い出とは遠くかけ離れた別の作品になってしまったということだけは、間違いないのではないだろうか。

今、遠い空のどこかで、ジョンレノンはいったいどんな顔をしているのだろう。


[ Back to Where you were ]