2003//2002//2001//2000//1999//1998//1997//1996

White [ホワイト] / マキシシングル
01/05/30 OTCA-2001 \525(w/TAX)
  1. White
  2. 静かの海
Stratoss Records設立による最初のリリースとなる両A面シングル。M1はまたもや急変貌を遂げたハードハウス、変幻自在ながらも美メロの柱をくずさないスクーデリア・サウンドは相変わらず。M2の「静かの海」はご存知「Flamingo」のラストに収録されていた石田のピアノ曲のリアレンジ。この時期、何故か”愛”を声高に叫ぶ石田の声が痛切に響くのは気のせいか。



太陽道路[タイヨウドウロ] / マキシシングル
01/07/25 OTCA-2003 \525(w/TAX)
  1. 太陽道路
  2. THE WORD TO THE WORLD
なんとびっくり、ユーロビート。”少年の頃の夏の日を忘れない心”というテーマを理解すると、石田の思春期に流行った音楽ということでようやく理解できる。すると耳に入ってくるのはやはりこの美メロと切ない詩であった。ああなんだ、やっぱりスクーデリアだね。


Rainy Day[レイニー・デイ] / マキシシングル
01/09/27 OTCA-2005 \525(w/TAX)
  1. Rainy Day
  2. ナイン・フォーティーン 〜 BOXER 6 の逆襲〜
久々来た、スクーデリア流センチメンタル8ビート。秋雨に何を歌おうが、この季節はスクーデリア節が最もよく似合うシーズンだ。カップリングは石田の車バカぶり全開。バカを真顔で演じる(否、本気?)大人の姿は、今の時代貴重だ。


5er![ファイバー] / 5th アルバム
01/11/28 OTCA-2007 \2,940(w/TAX)
  1. リッスン・トゥ・ザ・ミュージック
  2. Rainy day
  3. Stay
  4. シャラ・ラ
  5. マッド・バイキスト・ヤマナカ
  6. The Phantom Turtle
  7. White
  8. GOOD BYE X'MAS DAY
  9. 太陽道路(SUNSET REMIX)
  10. タイム
  11. 静かの海
  12. Relax
5枚目となったスクーデリアのアルバムは、差し詰めビートルズで言うところのホワイトアルバム。雑多という名のアバンギャルドがポップに彩られてサイケデリックに艶光る。子供の心を失わない大人のロックの成長過程がすべて詰まったポップアルバム。「スクーデリア=日本のELO」説。
 


2003//2002//2001//2000//1999//1998//1997//1996

[ Back to Where you were ]